ヴォルターズキャンプ2018①セレモニー&懇親会

2018/8/6-9の4日間に渡り、小豆島にてBリーグ 熊本ヴォルターズの強化キャンプが開催され、今回で3年連続、4回目となりました。
2016年の熊本の震災で多くのものを失い、バスケをする場を失いかけていたチームに渡部がコンタクトをとったことからスタートしたこのご縁。「第2のホーム小豆島」と呼んでいただけるようになりました。

初日には小豆島チアーズのメンバーやチアのコーチ陣、バスケットアカデミーの子供たち、土庄町役場のメンバー、熊本ファン、多くの人が集まり、港でウェルカムセレモニーを。


暑い日中でしたが、たくさんの人でお迎えすることができました。
(お集まりの皆様、ありがとうございました!)
チームは午後からフレトピアホールにて練習へ。


夜には、小豆島とチームの交流会が行われました。
こちらの交流会参加費は今回のキャンプの支援にも充てられています。


小林選手から全員の選手紹介がありました。新加入の選手もすでにわきあいあいとしている様子が伝わってきます♪


一次〆にて選手とスタッフの皆さんが退場後、湯之上聡代表に講演していただきました。
チーム設立からこれまでについての軌跡、大切にしてきたことなどをお話いただきました。
短い時間にぎゅっと詰まったお話で、胸が熱くなる講演でした。
湯之上代表、ありがとうございました!


1日目から盛りだくさんでキャンプスタート!
2日目以降、続きはこちら!
レポート②「ヴォルターズとバスケ!」



タグ:熊本ヴォルターズ Bリーグ バスケ プロキャンプ