やさしくて、強いひと。

こんにちは!STORYZ編集長小林です。
2/16-17小豆島バスケ公式戦に向けて「小豆島アローズ」として準備に奔走している一人、スポーティーズの余島慶子さん(以下、けいこさん)にお話をききました!



ー公式戦まであと2週間切りましたね!通常のフレトピアの業務やスポーティーズの業務がありながら、公式戦では出演者・企画周りや小豆島チアーズのまとめ、チケット営業活動‥と大忙しなけいこさん!そこまでけいこさんを突き動かしているものって、なんでしょう?

けいこさん:<香川ファイブアローズの選手に満員の会場で試合をしてもらいたい!>っていう思いは強いです。ここ最近チームが負けているので、小豆島開催が盛り上がることでチームの雰囲気が盛り上がっていったら嬉しいし、そのために満席にしたい!と思っています。

ー香川ファイブアローズによるバスケアカデミーが始まってから、スポーティーズにどんな変化がありましたか?

けいこさん:子どもたちのバスケの向上はもちろんだけど、選手・子供たちの笑顔がたくさん溢れていますね。子どもたちがドキドキ・ワクワクしながら通ってくれているのも伝わってきます。



ー前回の小豆島バスケ公式戦は両日満員でしたが、当時は満席になるだろう、っていうのは見えていたのでしょうか?

けいこさん:満席になるなってぜんぜん見えてなくて、チケット販売担当として毎日数字で確認できるからこそ、試合前は「満員になるかな・・・」って不安で押しつぶされそうでした。

ーそんな不安な中でも満席にしたい!という思いで一人ひとり声をかけながらチケット販売してくれたと思うのですが、どんな風に不安な気持ちと戦っていたのでしょう?

けいこさん:もともと子供の頃からスポーツ少年団で剣道をしていたのもあって、負けん気が強いっていうのはあると思います。剣道をやっていたときは「一度負けた選手には絶対に負けない!」と思って猛練習していました。

ー「ぜったいにこうする!」と思ったら突き進んで努力するタイプだったんですね。普段やさしいけいこさんの、時々見える強さのヒミツがちょっとわかった気がします。



ー2017年5月頃の小豆島スポーティーズ準備段階から、べーさん(渡部)に引っ張られてけいこさんや私は動いてましたよね。3人ともほぼ初対面で、今後何がどうなるのかよくわからないまま、やることだけはいっぱいある状態で・・・と振り返ってみると結構大変だったな~と思うのですが、当時を振り返ってみるとどうですか?

けいこさん:スポーティーズが動き出して、最初は深く考える暇もなくて前に進むしかなかったですね。(笑)とにかく必死に目の前のことをやっていました。

ー最初の頃と今で、自分の中で大きく変わったな、っていうのはどんなところでしょう?

けいこさん:スポーティーズでプログラムが増えて、日々フレトピアで触れ合う人が増えて、自分がプログラム運営の部分で責任を持つようになって。そこにはみんなの笑顔がたくさんあるんです。自分がやっていることが誰かの笑顔につながっている実感が原動力になってきたと思います。
自分の中で大きく何かが弾けたのは、やっぱり前回の小豆島公式戦だったと思いますね。自分が能動的にぐいぐい動いていくようになったのは、このタイミングかな。



けいこさん:スポーティーズ始まってすぐはどういった風に動けばよいのか、どう伝えたらスムーズにいくのか掴めなくて、悩んだ時期はありました。出会ったばかりの人ともいろいろと進めていく中で、お互いまだどんなキャラクターなのかすぐにはわからなかったり。でも途中からべーさん(渡部)が「けーこねえやん」的なキャラを作ってくれて(笑)、振舞いやすくなって救われた部分は大きい!このキャラ設定のおかげで初めての人とも話しやすくなったから、感謝しています。言いたいことも言いやすくなったし、気兼ねなく話せるようになった感じはあります。

ー確かに、今のキャラが確立してから、「ねーさん!」って感じで選手をはじめ、ますますいろんな人と仲良くなってきましたよね。最近のスポーティーズで嬉しかったエピソードを聞かせてください。

けいこさん:小豆島CHEERSの自主練習ですね。公式戦でパフォーマンスをする予定なんですが、みんなの短期間での成長ぶりに、泣きました!(笑)前回のレッスンでは「大丈夫かなぁ?」って不安になる雰囲気だったんですが、レイヤコーチが檄を飛ばしたのもあり、みんながすっごく練習してきたのが伝わってきたんです。自主練習で平日の夜に集まるのも大変だと思うのですが、親御さんに送迎で協力してもらってみんな頑張って来てくれています。子ども同士で「ここはこうだよ」と教えあっていたり、高学年の子が低学年の子のためにカウントをとってあげたり。学校とは別の、もうひとつのみんなの関係が出来つつありますね。



ーけいこさんが目指している「小豆島公式戦での満席」、そこにはどんな景色が広がってると思いますか?

けいこさん:来てくれる人が楽しんでくれるのは当たり前だと思って万全の準備を進めています。その上でアローズの選手に「満席」を体感してほしいなって思っています。小豆島にバスケを教えに来てくれている選手と関わる中で、彼らの素直な人柄とまっすぐに頑張る姿勢をみているから、「選手のために」という思い入れがありますね。満席で、みんなが楽しんでいて、その中での試合はきっと選手のみなさんの背中をぐっと押せると思っています。
そのためにもあと10日、多くの人に来場してもらえるように頑張ります!



***編集後記***
けいこさんにお願いされると、みんな「よし!やるよ!」と快くオッケーしちゃいます。
普段みんなのために、よりよくなるように‥と考えて、すぐ行動してくれているけいこさんに頼まれたら、断る理由がありません!^^
インタビューの日も小豆島アローズのメンバーが50個ほどのアローズカラーのシュシュを手作りして持ってきてくれていました。小豆島CHEERSのメンバーがパフォーマンスするときに手につけるもので、「けいこさんに頼まれて作ってきたんよ~」と笑顔で持ってきてくれました。


公式戦まであと10日、泣いても笑っても、時間は待ってくれません。
小豆島公式戦を盛り上げる「小豆島アローズ」にはたくさんのメンバーがいます。

SNSで盛り上げてくれるブースターさん、ポスターを町中に貼ってくれるあの子、チケットを売りに走る人、小豆島CHEERSとして盛り上げるために一生懸命練習するみんな、当日会場を「おいしい」で満たしてくれる飲食出店者の皆様、ダンスで盛り上げてくれる団体や鼓笛隊、イラストでいろんなことを表現してくれる人、PRビジュアルを撮影しに小豆島にきてくれたカメラマンたち、今までにないアローズを表現しようとするクリエイティブディレクター。もちろん、チームも、選手も一緒になって作り上げている最中です。

もっともっと、書ききれないくらいたくさんの人がこの【小豆島公式戦】を一緒につくってくれています。
この公式戦が「小豆島でプロの試合開催」に留まらないお祭りになっていく。
ぜひ、このお祭りを一緒に楽しんでほしい!
会場でお待ちしています!また、「手伝うよ!」っていう方もお待ちしております!
特に前日2/15(金)9時からやっているの会場設営に沢山のお手伝いを募集しています!
夜まで準備しておりますので、来れるタイミングにぜひお願いします!
(問合せ:フレトピアホール 0879-62-7077 火曜休館)

<試合概要>
めぐりん小豆島GAMES
香川ファイブアローズ VS ファイティングイーグルス名古屋
2019年2月16日(土) 開場時間 15:30 試合開始 18:00
2019年2月17日(日) 開場時間 10:30 試合開始 13:00
土庄町総合会館フレトピアホール
(文:小林繭子



タグ:小豆島アローズ けーこさん